吉祥寺のボイストレーニングスクール
ZIGZAG MUSIC SCHOOL

RAPコースのブログ

ラップ制作のテーマ選び

みなさんこんにちは。
ラップコース担当の講師、ケイプラスです。

ラップ楽曲のテーマは様々ある!

今回はオリジナル楽曲を制作する上でのテーマ選びについてです。

HIPHOPの楽曲は自分語りしてなんぼと私は思っているのですが、注目してもらうためには面白いテーマで楽曲を制作してみるの良いと思います。
笑える内容、グッとくる内容、恋愛の曲、様々ありますが皆様のヒントになれば、と少しですが紹介します。

有名なところで行くと


■般若 / やっちゃった
1verse目が職務質問の話、2verse目が合コンでの話、と1曲の中で4verseあり長いのですが、楽曲のテンポ感のおかげであっという間に終わります。
Verseそれぞれにストーリーがあり綺麗に韻も踏まれている言わずと知れた名曲です。

実話かどうかは伏せられていますが、身の回りに起きたことらしいです。聞いていて面白い曲です。






■KOHH / Junji Takada
現在、チーム友達という楽曲で千葉雄喜名義で活動を再開したKOHHさんの2013年の楽曲です。

「テキトーな男 ジュンジタカダ 他人は気にしない生き方」とラップしているのですが、内容はこれだけです。笑
芸能人の高田純次さんへのrespectを感じますが、当時はなんだこの曲は!と驚いた記憶があります。

KOHHさんはニッチなテーマで親しみやすいフローかつスキルフルな名曲が多いので聞いてみてください。






■キングギドラ / スタア誕生
ストーリーテリングラップというものもあります。
韻を踏みビートに乗りながら、物語を進めていくのです。
様々名曲ありますが私は当時この曲を聞いて重いテーマではありますが、ラップってすげぇと衝撃を受けました。





■AKLO / サッカー

この楽曲は自身のラップキャリアをサッカーに例えて作られた曲だそうです。
AKLOさんは当時インターネットから注目されてきたラッパーだったこともあり、そこへのメタファーも面白い内容だと思います。






■STUTS / CHANFES(feat.jjj)

こちらの楽曲はJJJというラッパーの活動の歴史を知ることで、より深みのある歌詞に聞こえる楽曲です。
Febb、KID FRESINOというラッパーと共にFla$BackSというCrewでキャリアをスタートさせメンバーとの確執や死別など様々なことがあったようです。

それを知ることで理解できる歌詞、そんなところもHIPHOPって最高だと思いました。
長くなってしまうので、割愛しますね。

自分らしく楽しいテーマを探そう!

上げていくとキリがない、「面白いテーマ」のラップ楽曲たち。レッスンの中でも遠慮なくおすすめ曲について質問くださいね。

ラップのスキルも大事ですが、自分らしいテーマ選びもまた大事ですよねというお話でした。面白いテーマじゃなくてもベタなことでもいいんです!皆様の魂の叫びを聞かせてください。

ではまた!

無料体験レッスンはこちら