吉祥寺のボイストレーニングスクール
ZIGZAG MUSIC SCHOOL

ボーカルコースのブログ

人前で歌うとき緊張してしまう人へ

こんにちは!
ZIGZAG MUSIC SCHOOL 講師の冨田七海です✨
普段はミュージカルコース、話し方コース、などを担当しております♪

さて、ZIGZAGも5月末に発表会があり、
練習に励む生徒さんも多いのではないでしょうか?(≧∀≦)✨

そこで今日は
人前で歌うとき緊張してしまう方へ向けてブログを書いてみます!

心のコントロール

歌う前に緊張してしまうとき、
恐らく心の中では

『上手く歌わなければいけない』
『失敗して見てる人に何か思われるのが怖い』
『歌うことに自信がない』

などの感情が渦巻いているのではないでしょうか??



これ、当たり前です!!
このような強迫観念は誰しもが持っています。

実際、自分が心配するほど周りは気にしていないですし、
緊張したときにこの感情と上手く向き合ってコントロールいくことがまず大事です。

緊張しないための対策の1つは、
「事前準備をしっかりすること」です。

面接などでもそうですが、
全く準備しないで本番を迎える緊張と、
事前に練習を何回もして本番を迎える緊張だと、
緊張の度合いが違いますよね?😌✨

しっかり練習を重ねて本番を迎えれば
たとえ失敗してもやり切った、と言えますし
次の課題はこれだ、というのが
見えやすくなりますよ♪

歌う前 緊張のほぐし方

いくら練習をしたと言っても、
緊張はしてしまうと思います。

緊張すると、身体は固まってしまって、
・呼吸が浅くなる
・声が震える
・表情筋が固まる

などなど歌にも影響が出ます。

そこで今日は2つ、
「本番直前にもできる!身体の緊張をほぐす方法」
を紹介します。

まず1つ目は
「歌う15分前までに鎖骨周りのリンパをマッサージ」です。

緊張しているときって特に上半身が強張ってしまうのですが、
鎖骨周りが凝り固まっていると声にも影響が出ます。
強くゴリゴリマッサージするのではなく、優しめで大丈夫なので鎖骨周りをさすったり、つまんだりして詰まりを流します。
これをやると、約15分後には胸周りの凝りが取れ、声が出やすくなります✨

2つ目は、
前屈した状態で深呼吸です!
これも上半身の強張りを抜くのにとても効果的で、本番直前の舞台袖でもできるのでオススメです!✨



画像のような感じで
首の後ろの力も腕の力も全部抜いて
だらーんと上半身を倒します。
この状態で深呼吸をすると腹式呼吸になるので緊張して浅くなった呼吸を落ち着かせるのにも良いですし、
緊張でガチガチの上半身を一度リリースすることにも最適です!!✨

これは本当に出番の直前にもできるものなので、
皆さんも是非やってみてください!!

と、いうことで本日は歌う前に緊張してしまう方へ向けてブログを書かせていただきました♪

人前で歌うことは確かに緊張しますが、
人前で歌うことで歌は上達していきますよ😆

せっかくなら楽しんで✨
あなたの歌声をたくさんの人に届けましょう〜🥰🩷

無料体験レッスンはこちら